注目度上昇中!アーユルヴェーダの予防医学とは

より高い効果でアーユルヴェーダをするには方法がある

季節によるアーユルヴェーダの違い

夏はピッタと呼ばれる「火」のバランスが取りにくくなるのです。ですから、ピッタのバランスには特に気を使うようにして下さい。また、夏は食欲が低下しがちなので食事にも気を配る必要があるといえるでしょう。

気温が低く乾燥にも注意が必要な冬は、ヴァータと呼ばれる「風」のバランスが崩れやすいです。このヴァータのバランスが崩れると疲労感があり、精神的にも安定しなくなります。なので、ヴァータのバランスを崩さないために十分に休んで体を冷やしすぎないように気をつけて下さい。

アーユルヴェーダの効果を高める生活リズムランキング

no.1

早寝早起き

早寝早起きはアーユルヴェーダの効果を高めるための基本と言っても過言ではありません。また、早寝早起きは22時頃に就寝して6時前にすっきりと起きられるのが理想です。

no.2

舌磨き

おいしいものをしっかりと食べられるように口内環境を整えておくこともアーユルヴェーダの効果を高めるために重要となるのです。そうするには、舌に出てくるアーマという未消化物を解消しておくことが必要不可欠といえます。このアーマがあるままだと味覚に影響を与えてしまうので舌クリーナーなどで綺麗にしておいて下さい。

no.3

ヨガ

血液循環を良くするためにヨガを行なうことも大切です。また、ヨガは場所を取らないので気軽にすることができます。しかし、ヨガをする際には適度に行なうようにして下さい。無理にしてしまうと効果が高まらないので気をつけておきましょう。

no.4

食べ過ぎない

アーユルヴェーダの効果を高めるために食事は必須となります。ですが、食べ過ぎてしまうと効果を薄めてしまうのです。ですから、腹8分目までにしておきましょう。万が一、食べ過ぎてしまった時には生姜などの消化を手助けしてくれるものを摂取すると良いです。

no.5

休養

体が疲れているのにも関わらず無理をしてしまうとアーユルヴェーダの効果が高まることはありません。その為、体が疲れていると感じればしっかりと休養するようにして下さい。

注目度上昇中!アーユルヴェーダの予防医学とは

施術

アーユルヴェーダとは・・・

東京でアーユルヴェーダという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。このアーユルヴェーダとは、世界三大医学の一つになるのです。また、5000年以上の深い歴史を持っている伝統のある医学といえます。さらに、アーユルヴェーダの特徴は若々しく長生きできるようにするための予防医学ということが挙げられます。

アーユルヴェーダとエネルギー

自然のエネルギーによって体が作られているとアーユルヴェーダでは考えられているのです。また、この時のエネルギーを「ドーシャ」と呼んでいます。ドーシャは体にとって良くないものとされています。ですから、ドーシャのバランスが崩れてしまうと健康面に影響が出てしまうといえるでしょう。その為、アーユルヴェーダでドーシャのバランスを良い状態にし健康な体にすることができるのです。

3つのドーシャ

ドーシャのバランスが崩れると、体調が悪くなるなどの影響が生まれます。なので、健康を保つために重要なものとなるのです。また、ドーシャは3つのエネルギーから構成されています。そのエネルギーになるのが、風を意味するヴァータ・火を意味するピッタ・水を意味するカパの3つです。これらのドーシャが崩れないようにアーユルヴェーダをして健康をいつまでも続けて下さい。

広告募集中